海岸沿いに建てられた倉庫付きの新築

以前住んでいた家の話になるのですが、新築は海岸沿いに建てられました。建設が開始される前の土地も見た記憶があったのですが、その時の印象はこんな段差があるところに家が建てられるのだろうかということでした。
ところが完成した家を見てみると段差の下を倉庫にして上の部分に家を建てていたのです。つまり入り口は玄関と倉庫の両方にあるということになります。こういった作りにした理由は2つあり、海岸沿いということもあって台風の季節になると防波堤を越えて波しぶきが打ち付けられるというケースが考えられて1階を倉庫にしたということです。
もう1つの理由は海で泳いだ後に玄関から入ってしまうと砂などで玄関が汚れてしまうので、1階の倉庫で1度砂を落としてからそのまま2階へ上がれるということです。
小さなリビングではあったものの、窓からは海を眺めることもできました。暑い夏も窓を開けてると海から涼しい風が入ってくるので、冷房を入れないで済む日もあり光熱費の節約になったそうです。