工務店の集客が楽になる社長のブランディング

 

工務店の社長は家づくりのプロです。

数多くの施主の家作りにたずさわり、
家づくりの技術的なことだけでなく、家を建てる家族の状況やお金の話、健康の話まで、工務店で家を売っている社長や営業マンは多義に渡る知識と経験を持ち合わせています。

しかし、彼らの多くはご自身の売り込みがあまり上手ではありません。そんなにたくさんの知識があり、お施主様の幸せを願っていても、それがなかなかお客様に伝わらず、それで集客に苦戦しています。

彼らの知識と経験と思いやりを知れば、家の売り込みや見学会でゆるキャラを呼んだイベントなど必要なく、お客様のほうから「家を建てたいので手伝ってください。お願いします」と言われるはずなのです。

工務店向けのコンサルティング会社として、社長や工務店様のブランディング化を目指した書籍の出版をご提案しました。

早い話、本を出版して、その社長や会社がいかに知識と経験が豊富であるか、尊敬に値するかをお客様に理解して頂くのです。

もちろん自費出版ではなく、商業出版して書店に並ぶことで、営業して家を売る立場から、家を建てて下さいと言われる先生としてのブランディング化を計ります。

インターネットが普及してお客様の情報収集の中心がオンラインになっていますが、それでもなお書店に並ぶ書籍というのは、無条件な信頼性があります。

また、書籍を出版するときはあくまで第三者としても中立な立場で執筆頂きます。

自社の売り込みや他社批判をしない、営利目的で原稿を書かないことで、よりいっそう読者に信頼され、ひいては「この社長は信頼できる」とつながります。

工務店の社長はよく原稿なんて書けない、先生と呼ばれるほどの知識はない、と言いますが、それはご本人がプロになりすぎて「当たり前」と思い込んでいるだけです。

実際にお話を聞いてみると、素人には初めて知ることばかり。工務店社長に2~3時間お話しいただけば、充分本1冊になるぐらいの情報量があります。

また、ブランディングの一環として書籍を発行する以上、その書籍をできる限りたくさん宣伝して普及さえせていくのがコンサルティング会社としての仕事です。

書店の目立つところにおいてもらう、工務店様の商圏の本屋に集中的に流通させる、もちろんオンラインもフルに活用して、アマゾンなどのショップで上位表示されるようなノウハウも提供しています。

 

 

<特別サポート>住宅リフォーム総合情報|エロチャット|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|ダイエットジムフランチャイズ|アフィリエイト相互リンク|内職|ページランク|JALカード|ページランク ランキング|GetMoney|サイドビジネス|ライブチャット|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|